鞠莉「逆らうつもり?旅館潰されたいのかしら?」千歌「…申し訳…ございません…」
続きを読む